アレルギー性鼻炎は内科でも相談可能

内科は風邪をはじめとする何らかの病気を診察対象としているものの、実はアレルギー性鼻炎もよく診ています。
仕事や子育てが忙しくてあまり病院に行く時間がない方は、内科もアレルギー性鼻炎の受診先としてチェックしてみるとよいでしょう。
どのようなアレルギー性鼻炎で受診できるのか、治療はどうなるのかなどをご紹介します。

内科で相談できるアレルギー性鼻炎とは

内科でよく相談されるアレルギー性鼻炎は、やはり花粉症です。
春や秋などにくしゃみが止まらなくなったり、鼻が詰まったりする方は多いでしょう。
これら症状は耳鼻科で相談するのが通例ですが、内科で診療していることも少なくありません。
このほか、ダニやカビなどほかの原因によって引き起こされる鼻炎を診察していることも多いです。
サラサラした鼻水が止まらないなど、アレルギーが疑われる鼻炎の症状で困っているときは内科も受診先として検討してみるとよいでしょう。

内科でのアレルギー性鼻炎の治療方法

内科で行われる具体的な治療方法はケースバイケースですが、飲み薬や点鼻薬などが処方されることが比較的多いです。
あくまで対処療法ではあるものの、アレルギー性鼻炎に対する基本的な治療法であり、処方薬を正しく使用すれば不快な症状が一時的にでも治まります。
花粉症などの治療で使われる薬は耳鼻科でしか処方できないものではなく、内科でも出せるのです。
ゆえに、アレルギー性鼻炎だと診断されれば症状を一時的に抑える飲み薬などが内科でも処方され、不快な鼻水などを抑えられます。
なお、アレルギー性鼻炎とあわせて目がかゆくなることも多いでしょう。
目薬は眼科でなければ出せないと思われやすいものの、アレルギーだと診断されれば内科で処方できることも少なくありません。
目薬のためだけに眼科をあらためて利用するのは手間が大きいので、花粉症などによる鼻炎とあわせて目のかゆみもあるときは内科でも相談してみてください。

飯能市で内科を探している方にご連絡します

内科でアレルギー性鼻炎の診察を受けるメリット

あえて内科でアレルギー性鼻炎の診察を受けるメリットは、受診にかかる手間を減らせることです。
花粉症などの季節には耳鼻科が非常に混みあい、診察までに2時間近く待たされることも珍しくありません。
内科ならアレルギーの患者が増える季節に比較的空いていることがあり、症状を抑える薬を短時間で手に入れられることがあるのです。
また、行きつけの内科がある場合、慣れている病院を同じように利用できて安心感もあるでしょう。
鼻の奥を詳細に診察するといった対応は難しいことなどには注意が必要なものの、アレルギー性鼻炎で困ったときは必要に応じて内科も利用してみてください。