外壁のメンテナンスは必要?不要?

メンテナンスのいらない外壁は「ない」

普段の生活ではあまり気にすることのないお家の「外壁」。強い直射日光、雨や風からお家を守ってくれる重要な設備です。ですがこの「外壁」。実は定期的なメンテナンスや工事が必要なことはご存じでしたか?
遠くから見ると、全く劣化していないように見える外壁でも、近くで見てみると意外に汚れていたり。そして汚れだけじゃなく、心配なおんは塗装から浸み込む雨水。外壁の劣化による雨漏り。雨漏りしはじめてからでは、内部の柱や内壁、鉄骨の強度に悪影響を及ぼすことも。「外壁メンテナンスは10年で」というのが外壁修繕の定石といわれているそう。家族を守る外壁だからこそ、大切にしていきたいですよね。

手軽に自分でできる外壁メンテナンスチェック

「いきなり業者に頼むのは・・」「見積りとる前に自分で相場を調べたい」そんな方におすすめなのが「外壁のセルフメンテナンスチェック」なのです。一つ目は「塗装部分を指で触る」です。ガードレールに触ってしまうと、手に白い粉のようなものがついてしまった経験はありませんか?お家の外壁がそうなっていると要注意。雨の侵入を防いできた塗装の防水性が劣化しているサインです。そして二つ目は「外壁タイルのコーキング」です。一般的に害兵のタイル材は非常に耐久性が強いもの。しかし、そのタイルを張り合わせるコーキング部は日々劣化してしまします。タイル地から剥離している、コーキングに亀裂が入っている、コーキング部が変色している、そんな異常があれば、本格的な修繕を検討する段階に入っているのかもしれません。最後にご紹介するチェック方法は「お家の壁を眺める」です。侮るなかれ、意外と目に入っていても、家の外壁には意識が向かないもの。晴れた日にぜひ、お家の周りをぐるっと、壁をみながら回ってみてください。意外な場所に汚れや塗料のひび割れがあったりするかもしれません。これらのチェックはどれも簡単ですぐにできるものばかり。庭のお手入れついでに、定期的なチェックをおすすめします。

松本市にある株式会社HARU建築工房は腕の良い工務店です

外壁の修繕、費用は80~240万

もし、外壁のセルフチェックで心配な箇所が見つかったら、ご存じの工務店さんや、ハウスメーカーに問い合わせてみて。また、近頃はネット検索でも対応してくれる業者さんのホームページなどが見られて便利です。お住いの自治体によっては外壁の修繕に助成金を出しているところもあるので、こちらもぜひチェックしてみてください。