家庭教師に差し入れは必要?

基本的に差し入れは必要なし

家庭教師が来たときに、お茶やお茶菓子を出したほうがよいのか迷っている方もいると思いますが、基本的は何も出す必要はありません。家庭教師は授業をしに来ているのであって、お客さんとして遊びに来ているわけではないからです。授業の対価はすべて授業料に含まれているため、お茶出しを期待している家庭教師もあまりいないはずです。出すタイミングを間違えると、かえって授業の妨げになってしまうこともあります。家庭教師の紹介業者に頼んだ場合も、お茶やお菓子は出さなくてよいことになっているところがほとんどです。また、忙しい家庭教師であれば、お子さんの前後にほかの生徒の授業が入っていることもあります。授業をする先々でお茶を出されてしまうと、まさか断るわけにもいかないので、家庭教師側も困ってしまうでしょう。そして、近年は新型コロナウイルスの問題もあります。感染を防ぐという観点から言えば、お茶やお菓子の差し入れは極力しないほうがよいでしょう。

それでも気になってしまう場合は

しかし、家庭教師に何も出さないのも気が引けるというのも人情です。また、暑い時期は熱中症の心配もあります。また、授業が終わったあと進捗やお子さんの様子を質問したいこともあるでしょう。そういった場合にお茶やお菓子を出すのであれば、とくに問題はないでしょう。授業の合間の休憩時間にお茶やお菓子でリラックスすることで、お子さんと家庭教師の距離が縮まりそれが良い方向に向かうこともあります。ただし、家庭教師にお茶やお菓子を出すときは、出すものやタイミングに気をつけてください。とくに1コマしか授業がなく休憩時間が設定されていない場合は注意が必要です。家庭教師は時間配分もきちんと考えて授業をしているので、それを乱すようなことは控えましょう。

良い家庭教師として福岡市で評判です

どんなものを出せばよいの?そのタイミングは?

いかなる場合でも大量の飲み物やお菓子を出すのは避けましょう。余ったら持って帰れるペットボトル飲料も喜ばれるはずです。家庭教師の好みがわかっていれば好物を出すのもよいですが、基本的には日本茶、紅茶、コーヒーあたりが無難でしょう。お菓子も授業の合間に手でつまんで食べられる小さなものがおすすめです。手が汚れたり崩れやすく食べにくかったりするものは避けましょう。出すタイミングに関しては、授業が終わったあとでもよいのですが、できれば授業前をおすすめします。いったん授業が始まってしまうと途中で出すわけにもいきませんし、授業時間が終わったあとは家庭教師を拘束するわけにはいきません。授業前であれば、授業の妨げにもなりませんし、家庭教師の超過勤務を避けられます。