就農支援を活用して農業を始めよう

就農支援とは

農業に興味・関心があるものの、具体的な経営方法や知識を得る機会は普段の生活でそう多くはありません。そこで活用していきたいのが就農支援制度です。新規で農業経営を始める場合や将来農業者を目指している方々を支援する制度で、農林水産省では就農前の研修などの資金を援助する準備型資金と、就農直後の経営を支援する経営開始型の交付を行っています。これらはまとめて農業次世代人材資資金と呼ばれ、就農希望者にとって大きな後押しであると言えるでしょう。

準備型資金

各都道府県が認定する農業大学や農家の研修プログラムを受ける就農希望者に対して、年間最大150万円を交付する制度です。就農予定時の年齢が原則49歳以下且つ1年間で約1200時間以上の研修に参加することなどが条件として挙げられています。また、次世代を担う農業者になることに強い意志を持っていることなど、農業に強い関心があればかなり支援を受けやすいと言えるでしょう。申請窓口は、各都道府県及び青年農業育成センターや全国農業会議所が対応しています。

経営開始型資金

新規就農する際に、農業経営を始めてから最長5年まで資金を交付する制度です。経営開始1年目から3年は年間150万円、それ以降は120万円を定額で交付されます。独立または自営就農時の年齢が原則49歳以下の定新規就農者であることや、各市町村が認定する経営体として位置づけられているなど準備型資金に対してより実践的な支援制度であると言えるでしょう。申請窓口は準備型資金と同様の施設で対応しています。

岐阜県で就農支援を受けるならぜひ薄桜にご連絡ください

青年等就農資金

農業経営を開始するための施設や機械などを購入する場合に活用できる制度です。無利子融資であり、担保や保証人がいなくても受けられます。酪農や果樹園の運営費など高額な資金が必要な場合に活用できる支援制度と言えるでしょう。借入限度額も3700万円となっており就農後の償還期限の17年以内のうち5年以内は据置期間とされています。資金繰りが不慣れな方々でも安心して利用できる制度です。

充実した就農支援制度

農林水産省をはじめ各都道府県の自治体など農業従事者の育成に力を入れており、支援制度は年々充実した内容になってきています。特に金銭面に不安はある方などは、就農支援を受けることで将来の夢への道が開けてくる事も多いのではないでしょうか。ぜひ自分にあった支援制度を探してみてください。