工務店に不動産売却を依頼するメリットは?

不動産売却の流れとは?

不動産売却をする際はまず、自分で相場を調べある程度のイメージしておきましょう。また、売却の理由や必要な費用、権利や建物に関する書類などを調べ事前に準備しておきましょう。次に、複数の業者に売却査定依頼を行い、出来るだけ正確な査定価格を算出してもらいましょう。その後、自分自身で収集した情報や、査定依頼を出して収集した価格をもとに業者に依頼をし、売却する地域の事例や市場の動向などを元に売り出し価格を決定しましょう。最後に、買い手を決定し、売買契約の締結や決済を行い不動産の引き渡しを行う流れになります。

不動産売却の相談先は?

不動産に関する会社は大きく分けて4つあります。ハウスメーカーや工務店といった建築を行いつつ、不動産売買も行う開発会社や中古物件の仲介を行う不動産会社、不動産の清掃や管理をする管理会社、建築した不動産を販売する販売会社に大きく分けられます。不動産売却を依頼するのであれば、仲介会社に依頼するのが一般的です。ただ、工務店等の開発会社も不動産売買に力を入れている業者は存在するため、相談を検討してみてもいいでしょう。

工務店に不動産売買を依頼するメリット

工務店等の開発会社に不動産売買を依頼するメリットはメンテナンスやリフォームを一貫して請け負ってくれる所です。開発会社として建築やリフォームを専門としている会社が多いため、単に売却するだけではなくリフォーム等の提案もしてくれるでしょう。また、工務店は地域密着型で営業しているため、会社が所在する地域の相場や、市場の動向に精通しています。そのため、適正な価格設定や、売却までのスピードが速い可能性がある点もメリットと言えるでしょう。

不動産売却行を大阪市で展開中

工務店に不動産売却を依頼する際の注意点

工務店は開発会社として建築やリフォーム等をメインに行っている場合が多いです。そのため、仲介会社よりも不動産売買に関する知識が浅く、ネットワークの規模が小さい可能性があります。ホームページや口コミを参考にして、不動産売却の実績があるかを確認して依頼しましょう。また、リフォーム等を行うと中古物件の良さである安さが失われ、売りにくくなってしまう可能性が考えられます。リフォーム前提で購入を検討している買い手も見受けられるため、大掛かりなリフォームを提案された場合は注意しましょう。担当者が熱心に取り組んでくれるかどうかも同時に見ることで、失敗のリスクを減らしましょう。。