歯医者で提供されている自費診療について

歯医者でも自費診療が提供されている

健康保険は適用されないものの、一部の皮膚科や外科などでは、自己負担にて美容目的の診療も提供されています。歯医者でも同様であり、歯の見た目を改善するなど、治療とは少し異なる医療サービスも提供されているのです。
虫歯の治療などを行う一般歯科としての対応のほか、美容方面の診療もあわせて行っている病院もあれば、主に自費診療を中心に提供している歯医者もあります。利用目的に合わせて使い分けられたほうが良いため、歯医者で提供されている自費診療についても、あわせて確認しておくとよいでしょう。

自費診療の治療メニューの例

たとえば、歯を白くするホワイトニングと呼ばれる治療は、よく見られる自費診療メニューです。笑ったときや、会話中に見える歯が美しく見えるよう、歯医者の力で白くしてもらえます。歯磨きだけではどうしても白くならない方に向いている治療です。歯並びを美しく見せるためだけの矯正治療もよく見られる自費診療です。専門の器具を歯に装着して少しずつ矯正し、最終的に美しい歯並びを実現します。どちらも見た目を改善するものであり、病気や怪我の治療ではないため、健康保険は適用されません。治療費はすべて自己負担ではあるものの、美容の問題に対して医学の力を借りられます。

自費診療を利用するメリット

歯の色や並びなどはあくまで見た目の問題であり、健康には支障がなかったとしても、本人には深刻なコンプレックスであることは珍しくありません。医学の力を用い、根本的に解決できると、長年の悩みが解消し、心が軽くなります。また、見た目に自信を持てなかったからこそ、何事にも消極的だった方だと、自費での診療を受けたことをきっかけに、仕事や恋愛などに積極的になれることもあります。このように悩みが解消され、気が楽になったり、自信を持てたりすることが大きなメリットです。

自費診療を行っている歯医者の探し方

行っている対応についてはその病院のHPや看板などに記載されていることが多いため、これらを手掛かりに判断できます。特にHPでは治療メニューや内容が詳しく案内されているため、病院の種類を判断しやすいでしょう。自費診療での料金は病院が自由に決められるため、価格表が表示されていることも多いです。これも自費診療をしている病院の見分け方です。そのほか、その歯医者が標榜する診察科でも判断できます。審美歯科・美容歯科といった診察科を標榜している病院は、自費診療を行っていることが多いです。

guminomori.com