母乳育児は「完全母乳」ではありません

母乳育児の良い点は、赤ちゃんとお母さんの密着度が高いこと。赤ちゃんが欲しいだけ飲めること。お母さんから免疫を貰えることでしょう。それに加え、お母さんは子宮の収縮が促されることも産後の回復に大切なことです。母乳は赤ちゃんに飲んでもらう刺激によって分泌量が増えていきます。出産したら母乳が出るという訳ではないのですね。産後1ヶ月程で母乳量も落ち着いてきます。それまではミルクも一緒にあげると良いかもしれません。実際に産院ではミルクが準備されているので、入院中「母乳しかあげなかった」というお母さんはなかなかいないと思います。生まれたばかりの赤ちゃんもまだ上手に飲めないかもしれません。「おっぱいを飲ませて、足りない分はミルクで補う」これが基本の形です。少しずつ母乳の出る量、飲める量が増えていくでしょう。母乳育児は、「母乳をより多くあげることが出来る」という考え方だと思います。母乳もミルクも赤ちゃんの成長を妨げるものは一切ありません。ミルクをあげられると、赤ちゃんを抱っこして授乳するという楽しみをパパも味わえますね。不安が少しでもある場合は助産師さんに相談です。授乳タイムを、赤ちゃんとお母さん二人に合わせた幸せな時間にしてください。

参考:chiichan-j.com