物件の解体の目的と業者選びのポイントは?

物件の解体をする目的は?

物件の解体は建替えの際に行われることが多いです。建替えと混同されがちなのがリフォームです。リフォームは既存の家を残した状態で部分的に改装や修繕を行うことを指します。一方で建替えは、既存の家を丸々解体して再度建築し直すことを指します。建替えを行うと間取りや設備の自由度が高いので、自分のニーズに合わせた家を作り上げることが出来ます。ただ、建替えになると費用が掛かるので注意が必要です。また、近年空き家問題が浮上しており、空き家を解体する目的も増えてきています。他にも、家に価値がつかない場合、古家付き土地で売ると買い手のメリットが薄れ売れない場合が考えられます。その際に家を解体して土地のみで売却することで、早期売却の可能性を高めるといった目的もあります。

株式会社にしきが貝塚市で解体を請け負い中です

解体業者はどこに依頼すればいい?

建替えの際は、ハウスメーカーや工務店といった建築会社か、解体専門の業者のどちらかに依頼することとなります。建築会社に依頼する際のメリットは、窓口が1つになるのでお施主様側の負担が軽減されるという点です。一方デメリットは料金が高くなる点です。建築会社は建築を専門としているため、解体は専門業者に依頼することが多いです。そのため中間マージンがかかり費用がかさみます。解体業者に直接依頼する際のメリットは費用を抑えられる点です。金銭的な面を考えると専門業者に直接依頼する方がいいでしょう。一方デメリットは2つの会社とやり取りすることで手間が増える点です。建替えを行わずに、解体だけを依頼する際は専門業者に依頼する方がいいでしょう。建替えを行う際は、金銭面か手間のどちらを取るか吟味して業者を選択するべきでしょう。

物件の解体をする際に気を付けるべきことは?

物件の解体の際に気を付けるべきことは近隣住民への配慮です。解体工事ではコンクリートの基礎部分や地下に施設がある場合大きな振動が発生することが考えられます。それによって近隣の家に被害が及ぶケースも発生しています。また、重機を使い建物を解体するため、非常に大きな音が鳴ります。さらに、ホコリや木のくず等が飛散し、洗濯物が干せない等のクレームも寄せられかねません。近隣への配慮が足りない場合、建替えがうまく行ったとしてもその後の人間関係が悪化してしまい、住みづらくなる可能性が十分に考えられます。そのため、近隣クレーム対策を徹底している解体業者を選ぶようにしましょう。