経営コンサルタントの仕事内容

長期経営計画などを立案

経営コンサルタントは、企業が感じている課題に対して長期経営計画やマーケティング拡大に向けた戦略を提示することなどが仕事です。企業が経営コンサルタントに相談する課題は、経営改善だけとは限りません。人材採用に関するノウハウが弱い企業・販路拡大に限界を感じている企業などでも経営コンサルタントが入り改善案を模索していくケースが多く見られます。そのためコンサルタントは企業経営のあらゆる分野に精通していなければならず、非常に高いビジネススキルが求められることは必然です。一流企業を顧客に持ちグローバルに活躍する経営コンサルタントでは、一般の会社員を大きく上回る報酬を得ている方も少なくありません。とにかく成果を出すことが求められる職種でもあるので、経営コンサルタントは非常に競争の激しいことでも知られています。

幅広い知識とコミュニケーション能力が必要

経営コンサルタントは企業経営の経験だけで務まるものではありません。企業が抱える課題にマッチした計画を提案するためには、その企業の業界について幅広い知識を持っていることが必要です。また、実務経験者や経営者とコミュニケーションを取り、本当に成すべきことが何なのかをしっかり見極めることも経営コンサルタントの重要な仕事です。クライアントが感じている課題の原因はどこにあるのか、普段から内部で働く社員・役員では気づかない視点からアドバイスを送ってこその経営コンサルタントと言えます。

病院経営コンサルを愛知にて探している方へ

一定期間集中してハードワークが求められることも

経営コンサルタントの方は企業に雇用されていることもあれば、独立していらっしゃる場合もあります。しかしどちらの場合でも、あくまで仕事のベースは担当する企業に合わせなければなりません。基本的に経営コンサルタントは一つの大きなプロジェクトを成功させることを繰り返す業務なので、プロジェクトが進行している間はかなり多忙になります。プロジェクト進行中は休みをほとんどとらず、完了後にある程度まとまった休みをとるといった働き方をされる方も多いです。そのため多忙な時期はかなり体力勝負となることもあり、決して負担の軽い仕事とは言えません。土日を休みに設定している場合でも、企業のお店が土日営業であれば土日に視察を入れなければいけないといったケースもあります。出張などが求められることも多く、なかなかハードな仕事です。その分、仕事を達成した時のやりがいは非常に大きいと語る現役コンサルタントの方も多くいらっしゃいます。