車検にあたって押さえたい手続きの流れや時期

車検を依頼する前に相談や予約をしよう

車検はさまざまな施設にて実施されていますが、飛び込みでの依頼にはあまり応じられません。この検査に特化している車検専門店でも、予約が必要なことが多いです。また、正式な依頼の前には見積もりを提示してもらうため、自動車を一度持ち込んで相談するのも一般的です。車検費用の中には、どこで受けても金額が変わらない固定費用のほか、検査機関によって料金が変わるものも含まれます。金額面でも問題ないのかを確かめるため、事前に見積もりを確認することは大事です。
見積もりをもらうための相談も、飛び込みでは難しいことがあるため、事前に問い合わせたうえで来店してください。複数のお店で相談し、提示された見積もりをしっかりと比較検討することも大切です。依頼先を決めたら、正式に申し込みをしてください。

正式な申し込みや当日の持ち込みについて

正式な申し込みにあたり、車検証や自動車納税証明書などの書類が必要です。何らかの形で依頼先より案内があるため、よく確認し、もれなく揃えてください。紛失している書類があるときは、どうすべきかを依頼先に相談するとよいでしょう。あわせて、見積もりで提示された代金も用意が必要です。かなりまとまった金額が発生しやすいため、余裕をもって準備するのがおすすめです。書類の提出や代金の支払いのタイミングは、依頼先によって異なります。すべて持ち込み当日に受け付ける施設もあれば、先に終わらせるところもあるため、案内にしたがって対応してください。事前にすべき手続きが終わり、指定された日時に自動車を持ち込めば、車検を実施してもらえます。

車検を実施する時期について

車検は有効期限内に終わらせればよいため、かなり早めに実施しても問題はありませんが、残り期間は次回のものに加算されません。たとえば残り期間がまだ半年ある時点で車検を実施しても、次回の有効期間が2年半とされることはなく、また2年以内に検査を受けねばならないのです。タイミングが早すぎると残り期間をただ失い、前回支払った車検費用を一部損するため、満了日がある程度近づいてから実施するのが一般的です。具体的には、満了日まで1カ月以内に入ってからよく実施されます。特例により、この期間に車検を行うと、次回の有効期限は今回の満了日から2年間とされるため、わずかとはいえ残り期間を損することがないためです。この期間に入ったら速やかに車検を実施できるよう、依頼先の目星を早めにつけておくとよいでしょう。

千葉市で車検を行うなら株式会社ハルミ・コーポレーションがおすすめです