遺品整理をスムーズに進めるためのポイントとは?

遺品整理には大変な労力と時間が必要になるため、なるべくスムーズに作業を進められるようにしておきましょう。
一つ一つ迷っていると時間だけが過ぎてしまうので、以下のポイントをチェックすることをおすすめします。

遺言書やエンディングノートが残っていないか確認する

遺品整理に取り掛かる前に、故人が遺言書やエンディングノートを残していないか確認しましょう。
特に、遺言書には法的効力があるので、どこかに保管されていないか、誰かに預けられていないか慎重にチェックしてください。
エンディングノートには法的効力はありませんが、遺品整理に関する個人の意思や希望が書かれている場合はできるだけそのとおりにするのがおすすめです。
エンディングノートは普通のノートに書かれている可能性もあるため、本棚や引き出しなどに入っていないか探してみると良いでしょう。

手放しにくい遺品は買取に出す

「残しても使わないが、捨てるのはもったいない」という遺品は、買取に出して処分するのがおすすめです。
使用年数が短いものや状態がきれいなもの・壊れていないものなどは買取対象になる可能性が十分にあります。
再利用されると思えば手放しにくい遺品でも処分しやすくなるため、気持ち的にも楽なのではないでしょうか。
きれいに掃除をして付属品をそろえてから買取に出せば、査定額アップも期待できます。

処分しにくい遺品は供養する

故人が大切にしていたぬいぐるみや写真などは、処分するのに抵抗があるはずです。
「ゴミとして捨てたらバチが当たるのではないか」と心配になる人も多いのではないでしょうか。
そんなときは、供養してもらうと安心です。
近所の寺院などに持って行けば供養してもらえる場合もあるため、問い合わせてみてください。
また、遺品整理業者の中にも遺品の供養を受け付けているところが多いので相談してみるのもおすすめです。

遺品整理業者を福岡市内で探している方へ

自分で整理するのが難しい場合は業者に依頼する

「遺品の量が多い」「遠方に住んでいる」「手伝ってもらえる人がいない」など、自分で遺品整理をするのが難しい場合は、遺品整理業者や不用品回収業者に依頼する方法もあります。
近年はさまざまな事情から遺品整理を専門業者に依頼するケースが増えており、業者の需要は高まりつつあるのが現状です。
業者に依頼すれば遺品整理を短時間で効率的に終えることができるため、急いでいる人や遠方に住んでいる人も安心でしょう。