釣りに不可欠な釣り場はどのようにして探すとよい?

詳しい相手に尋ねる

釣具店のスタッフや、長年釣りをしている知り合いなど、詳しい方は良い場所を知っていることが多いです。特に初心者向きの場所など、中級者・上級者にとって教えても差し支えない釣り場に関しては、簡単に教えてもらえるでしょう。
中級以上の方にとっても貴重な釣り場に関しては、すぐには教えてもらえないこともあるため、注意が必要です。そのような場所の情報については、焦らずにじっくりと教えてもらえるのを待つことが大事です。お店や近くの釣り場などで顔を合わせた際には必ず挨拶に行くなど、人間関係をしっかりと構築していくうち、あまり知られていない良い釣り場のことを教えてもらえることもあります。いずれにしても、詳しい相手に尋ねるのは良い釣り場を探すための基本です。

釣り人の有無で判断する

人に尋ねるのではなく、その場所に釣り人がいるかどうかで判断するのも1つの方法です。直接教えてもらうときほど確実ではないものの、良い釣り場には釣り人がすでにいることが多いため、この基準でもある程度は判断できます。特に装備が充実している中級者や上級者が好んで足を運んでいるように見受けられる場所は、良い釣り場の可能性があります。釣れる魚や、それに適した装備・釣り方などは自身での試行錯誤が必要なものの、他の釣り人などとの人間関係などが無理に必要なく、遠くから眺めるだけでも釣り場の判断ができるのがこの方法のメリットです。

マップで探してみる

近年はインターネットでさまざまな地域の詳細な地図を無料で確認できるため、それを用いて釣れそうな場所を事前に探す方法です。海沿いや川沿いなど、ある程度の目星をつけたのち、良い足場があるかなど、日頃釣りをする際に重視する条件を満たすかどうか、チェックしてみてください。すべての条件に合致する場所があれば、自身には良い釣り場である可能性があります。ただ、現地に行ってみないとわからないこともあるため、目星をつけた場所を下見するのが理想です。たとえば釣りが禁止されている、魚がほとんどいないなどの可能性もあるため、当日までに一度足を運んでみるとよいでしょう。

https://www.makotomaru.com/

場所探しも釣りの楽しさ

自分の力でよい場所を見つけられると、釣りがますます楽しく感じられるものです。また、場所が変われば景色や生息している魚も変わるため、新鮮な気持ちで釣りに臨めます。良い場所を探すのも釣りの醍醐味であるため、自分なりの方法で新たな場所を探してみてください。なお、どれだけ適していても、釣りが禁じられている場所を避けることは基本として押さえておきましょう。