IT化企業に必要とされる会計士

現在、統合型パッケージシステムが各業界で利用されています。その中で企業の経営を支援するシステムが提供されています。各種業務システムとの仕訳連携や改正消費税法に対応したシステムです。納税に関する申告書の作成が効率化されるなど、機能やメリットは様々です。

システムには、セキュリティ強化や法令改正など流動的な要素のために対策が必要となります。また、システムの導入にはサポートが重要です。会計や税に関する知識など、IT技術者には補えない専門的な内容は税理士そして会計士の協力が不可欠となります。

企業で経理を担当するスタッフによる入力データを受け取り、未入力項目の確認や誤入力による計算間違い等の確認を行います。その上でシステムを導入した企業へ行き、申告基礎資料の照合がメインとなり、効率的なチェックを実現させます。

特に決算など会計面のチェックが中心となるケースで、会計士はIT技術の活用と共に様々な分野の企業から必要とされます。

ピックアップ
名古屋で起業するなら「安井会計事務所」
起業に関しては、個人事業主になるのか、それとも法人の形態をとるのか、いずれかを選択することになります。現在の状況や今後のビジネス展開を把握し、将来のビジネス像に最も有利な方法を選択してくれます。